このエントリーをはてなブックマークに追加

大人がマイコプラズマにかかった時は重症化に注意?

マイコプラズマ肺炎はうつる肺炎です。
なので集団感染などには最新の注意を払いましょう。
このマイコプラズマ肺炎ですが、一般的には就学前の幼児や小学生など低年齢がかかりやすいとされています。
しかし成人以上の方が感染する場合もあります。
大人がマイコプラズマ肺炎に感染した場合は重症化しやすく入院して集中的に治療しなければならなかったり、最悪の場合では命の危険すらあるので注意が必要です。
成人でかかる方は、主に親御さんが多いそうです。子供のマイコプラズマが感染して熱が出てきてしまった男性
他にも、保育士や幼稚園の先生、学校教諭などの子供と接する機会の多い職についている方や老人ホームなどの集団生活を行っているところで仕事をしている介護職の方の感染報告が多いそうです。
マイコプラズマ肺炎は自覚症状がはっきりしていないということが特長として挙げられます。
なので、気づかないうちに誰かが感染して、知らないうちにみんなに感染しているということなのです。
大人の場合は微熱や咳などが長く続きます。
軽い微熱や咳程度では、社会人や家事をしている方々はその程度では病院に行かない場合も多いでしょう。
そのうち熱が上がったり下がったりを繰り返すようにもなります。
そして、乾いた咳から少し水分を含んだ湿った咳に変わってきます。
大人は発熱や咽頭痛が長引きやすく、気道の炎症による分泌物が増加することから、このような湿った咳が長くでるようになります。
ではなぜ大人がマイコプラズマ肺炎にかかると重症化しやすいのかと言いますと、これは感染していても仕事や家事で休まずしっかりと休息を取らず、徐々に体力が落ちていくことが理由として挙げられます。
それに加え、免疫力が子供よりしっかりと形成されているので、マイコプラズマ肺炎に対する抵抗力がありそれが炎症などの症状をより大きく起こしてしまうことが多いからです。
また高齢者に感染すると胸に水が溜まるケースがあります。
これは胸水貯留と呼ばれ、肺に水が溜まってしまうことでこれは命の危険のある症状です。
また他にも呼吸不全を起こす場合もありますので注意が必要です。
完治させるためには治療薬を服用することも重要ですが、栄養のあるものを食べたり、適度な換気と加湿を心がけるなど、体力の回復に努めることが必要になります。
仕事をなさっている方は、他の方に移さないように完治してから出勤するようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
マイコプラズマ肺炎.com 最新記事 ― News ―
大人が感染した時は重症化しやすい
大人がマイコプラズマにかかった時は重症化に注意?

一般的に幼児など低年齢がかかりやすいですが、最近は成人以上の方が感染する場合も増えてきています。大人が感染した場合は重症化しやすく、最悪の場合では命の危険すらあるので注意が必要です。

会社を一定期間休むことに罪悪感を覚える男性
マイコプラズマに大人がかかった時に仕事はどうする?

大人の間で風邪に良く似た症状とされるマイコプラズマ肺炎が流行しています。マイコプラズマ肺炎ということがわかった場合は、会社の人事部に相談を。

マイコプラズマ肺炎が原因で出席停止になってしまい泣き叫ぶ少年
子供がマイコプラズマになったら出席停止?

子供の通っている学校で大流行した場合の危険性を考え出席停止になることがあります。その際は通常の欠席になってしまうのでしょうか。皆勤賞などを考えている方は要チェックです。

慌てながらも自分の子供を病院に連れて行く母親
マイコプラズマ肺炎は子供の方がかかりやすい?

小さい子供が居る家族はもちろん子供と接する機会のある職業の方には気をつけてほしい病気の1つです。なぜ子供の方がかかりやすいのでしょうか。

マイコプラズマ肺炎にかかってしまいお腹の子を心配する母親
マイコプラズマ肺炎は妊婦にも!胎児に影響は出る?

マイコプラズマ肺炎は妊婦さんにもかかります。妊婦さんが感染すると胎児への心配もありますし、一般的な若者が感染するより母体も危険になりやすいです。