このエントリーをはてなブックマークに追加

マイコプラズマに大人がかかった時に仕事はどうする?

毎年、秋から冬にかけて多くの大人の方の間で風邪に良く似た症状とされるマイコプラズマ肺炎が流行しています。
マイコプラズマ肺炎は咳が止まらなく、乾いた咳が長期にわたって続くことが主な症状です。
風邪かなと思ったり咳が酷い場合は、仕事場にはマスクを必ず着用して業務を行いましょう。
何故ならばマイコプラズマは人から人に感染する事がほとんどで、拡散しないためにも一日中着用する事が大切になります。
体調が何日か経過しても良くならない場合や咳が酷くなり身体に異変が起きたりした場合は、速やかに内科や消化器科を受診しましょう。
採血を行い、血液検査の結果で風邪かマイコプラズマ肺炎か確認をすることが可能です。
処方薬は一般的に喘息などで利用される吸引機と飲み薬の抗生物質などが出されることが多いです。
またマイコプラズマ肺炎と診断された場合は、感染系の病気ということもあり一定期間会社への出社は控えることが必要になります。
それぞれの会社によって休む期間や条件は異なると考えられますので、会社の人事部に相談をして今後の出社についての相談をする事が重要になります。出勤しようと思ったが咳が酷く会社に休む旨を電話で伝える女性
また感染してしまった方の周囲の方も一定期間はマスクを着用して対策をすることが必要です。
感染力が風邪よりも高いため、適度に手洗いうがいをして未然に防ぐ事も重要となります。
感染してしまった方はおよそ1週間程度は咳が酷くて辛い症状になる為、自宅で安静にしましょう。
動いて体が温まってしまいますと余計に咳が止まらなくなるため、家からは出ないようにすることが大切です。
ある程度落ち着いてきたら再度病院に行き、検査をしてもらいます。
医師から出社しても良いと許可が出た場合は、会社の人事部に連絡を入れて出社することを報告し期日から出社しましょう。
自分自身では咳だけの風邪だと思いがちになり、風邪薬を服用したりしますが、不安を覚えたら出きるだけ早く医師に相談をすることをおすすめします。
また会社からも蔓延しないように休むようにアプローチをしてくれる所も多いため、回復を優先にして休息をすることが良いです。
今後も秋から冬には必ず誰かがかかってしまう病気の一つになっていることから、体調が悪くなくても周囲に咳など風邪を引いてる方がいる場合はマスクを着用して、自分自身で対策をする事が重要になります。
そうすることで毎日健康に過ごすことが出来るのではないかと考えられます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
マイコプラズマ肺炎.com 最新記事 ― News ―
大人が感染した時は重症化しやすい
大人がマイコプラズマにかかった時は重症化に注意?

一般的に幼児など低年齢がかかりやすいですが、最近は成人以上の方が感染する場合も増えてきています。大人が感染した場合は重症化しやすく、最悪の場合では命の危険すらあるので注意が必要です。

会社を一定期間休むことに罪悪感を覚える男性
マイコプラズマに大人がかかった時に仕事はどうする?

大人の間で風邪に良く似た症状とされるマイコプラズマ肺炎が流行しています。マイコプラズマ肺炎ということがわかった場合は、会社の人事部に相談を。

マイコプラズマ肺炎が原因で出席停止になってしまい泣き叫ぶ少年
子供がマイコプラズマになったら出席停止?

子供の通っている学校で大流行した場合の危険性を考え出席停止になることがあります。その際は通常の欠席になってしまうのでしょうか。皆勤賞などを考えている方は要チェックです。

慌てながらも自分の子供を病院に連れて行く母親
マイコプラズマ肺炎は子供の方がかかりやすい?

小さい子供が居る家族はもちろん子供と接する機会のある職業の方には気をつけてほしい病気の1つです。なぜ子供の方がかかりやすいのでしょうか。

マイコプラズマ肺炎にかかってしまいお腹の子を心配する母親
マイコプラズマ肺炎は妊婦にも!胎児に影響は出る?

マイコプラズマ肺炎は妊婦さんにもかかります。妊婦さんが感染すると胎児への心配もありますし、一般的な若者が感染するより母体も危険になりやすいです。